日水コンを知る

About Nissuicon

日水コンとは

1959年の創業以来、水の総合コンサルタントとして、国内・海外において「水」に関わる様々な分野の仕事を手がけてきた会社です。
創業以来、日水コンは上下水道の普及・拡大に貢献してきました。現在では建設コンサルタント部門別売上の「上水道及び工業用水道」・「下水道」部門で常にトップクラスに位置しています。
そして、創業以来培ってきた高度な技術と事業に対する深い知見をもって、水道ビジョン・下水道ビジョンにあるような政策課題についての理論構築や政策実現のための提案、指針・マニュアルの作成へも関与しています。
また、雨水流出解析、数値流体解析といったシミュレーション技術やアセットマネジメントシステムに代表される情報システムを駆使し、地域の抱える問題の解決にも貢献しています。
土木工学・電気工学・機械工学・建築学などの自然科学の分野から、経済学、経営学、法学などの社会科学分野まで、多岐にわたる知識と技術を備えた人材が「水コンサルタント」として水インフラを次世代に引き継ぐべく活躍しています。

日水コンの事業分野と仕事

水道

水道

  • 技術職
  • 土木

“水道”は生活や社会経済活動に欠くことのできない重要な社会資本です。その役割は、これまでと同様、これからも変わりません。水道事業の”持続”のためには、施設・管路の更新(再構築)、耐震化や災害対策、事業の再編(広域化)、官民連携(PFI/PPP)など、大きな課題を乗り越えなければなりません。
私たちは、これまでの知識・経験に加え、新たな領域にも果敢に挑戦しています。社会のニーズを読み取り、高度なコンサルティングサービスを提供し続けることで、水道事業の持続を、これまでと同様、これからも支えていきます。

仕事内容

水道施設の計画や設計に加え、新たなソリューションとして、水道事業ビジョン、アセットマネジメント、耐震診断・更新計画、広域化等の事業戦略立案、PPP関連の事業支援(アドバイザー)

この分野に関わる
先輩社員を知る

下水道

下水道

  • 技術職
  • 土木

下水道事業部では、調査・計画・設計に関する技術をはじめ、施工、維持管理、経営に関する技術についても蓄積することで、下水道事業全体をコンサルティングできる体制を目指しております。さらに、国の技術指針作成、モデル事業の技術推進役、新たな施策における課題解決と実施プロセスの提示など、下水道事業を推進する上での先進的な技術的ノウハウを保持しています。こうした技術を生かしながら、災害対応を含め、円滑な下水道事業推進に向けて、官民のパートナーとしての役割を果たし、下水道事業全体を支援しています。

仕事内容

下水道の調査・計画・設計を中心に、維持管理、経営、さらには民間活力(PPP)導入支援等下水道事業全般にわたるコンサルティング業務

この分野に関わる
先輩社員を知る

河川・環境

河川・環境

  • 技術職
  • 土木

安全・安心な社会生活をおくるためには、自然環境と調和した潤いある社会基盤の整備が必要です。河川事業部では、源流域~河川~河口・海岸域を貫く河川管理を目指した総合的な河川技術を展開しており、水系一貫した防災分野・高度な水環境分野に及ぶ幅広い技術サービスを提供しています。
環境・資源部は、これまでに公共用水域の水環境や上下水道の水処理・水源対策等に関わりながら培ってきた技術・ノウハウを活かし、循環型社会及び低炭素社会の構築に重要な要素である水循環と資源循環に関して最適なシステム構築に寄与するためのさまざまな計画・対策立案に関する提案を行っています。

仕事内容

河川
「河川整備計画、河道計画」「築堤・護岸、河川構造物設計」,「河川・湖沼の水環境保全計画、自然再生計画」「河川維持管理計画、長寿命化計画」などに関するコンサルティング業務
環境
「水循環・水環境」、「上下水道における水処理・水源対策」、「一般廃棄物処理基本計画、循環型社会形成推進地域計画及びその実現に向けた資源リサイクル」などの調査・計画・設計・管理を含むコンサルティング業務

この分野に関わる
先輩社員を知る

構造設計

構造設計

  • 技術職
  • 土木

日水コンは水の総合コンサルタントとして国内外の多くの水道構造物や下水道構造物・河川構造物の計画・設計を行ってきました。これら構造物の構造設計は、水理機能の確保はもとより飲み水や人の安全に関わる漏水への対応や地勢的に下流域あるいは海岸沿岸部の軟弱層や液状化層における構造計画や仮設・土工設計、津浪対策など多くの問題を解決していく必要があります。私たちは、水に関わる構造物設計の豊富な経験とFEM解析などの高度化設計技術を駆使して多様なニーズに応える最適な構造設計を提供しています。

仕事内容

「上下水道施設、河川施設などの耐震診断業務、詳細設計業務」を中心としたコンサルティング業務、地盤-杭-構造物の連成モデルによる動的解析業務、有効応力を考慮した液状化解析業務など

情報システム

情報システム

  • 技術職
  • 土木

近年、水に関するニーズや課題が多様化・複雑化する中で持続可能な事業の運営を図るためには、様々なマネジメントの過程で発生する"情報"の適切な管理と、意思決定の判断材料としての一層の活用が求められています。このためには従来の情報を貯める技術はもちろん、これからは積極的に事業の中で活用する方法・技術・情報システムが必要です。情報システムの果たす役割は大きく、事業運営の様々な局面の中で貢献できると考えます。私たちは、水の総合コンサルタントの視点から事業のニーズと動向を熟知し、豊富な経験と最新のICT技術に基いた様々な情報システム群により、価値あるコンサルティングサービスを提供します。

仕事内容

「上下水道事業における情報マネジメントに関する調査」、「業務支援システムの設計、構築」、「施設管理支援に関するDBシステムの構築やクラウドサービスの提供」などのコンサルティング業務

この分野に関わる
先輩社員を知る

プラント機械・電気

プラント機械・電気

  • 技術職
  • 機械
  • 電気

近年の水事業において機械・電気技術者に求められる役割は「技術進歩による高度化」、「地球環境や社会情勢による多様化」に起因し高まる一方です。さらに、省エネ・新エネ設備なども積極的な導入が進められています。また、比較的耐用年数の短い機械・電気設備ではその特質を理解した適切な計画・設計が必要になります。このような情勢を踏まえ、私たちは柔軟で多様なニーズに対応できるコンサルティングサービスを提供しています。

仕事内容

機械系
「上下水道施設に設置される機械プラント設備(風力・水力・水処理・汚泥処理設備等)の調査、計画、設計、施工監理」、「上記、機械プラント設備の再構築のための診断及び事業計画」、「上記、機械プラント設備の温暖化、省エネルギー化対策等の地球環境保全に関する調査・計画」などのコンサルティング業務
電気系
「上下水道施設に設置される受変電設備、自家発電設備等の電力供給分野や監視制御、情報処理設備、計装設備等のシステム制御分野に係わる調査、計画、設計、施工監理」、「上記設備の再構築のための診断及び事業計画」、「上下水道施設における温暖化、省エネルギー化対策など地球環境保全に関する調査・計画」などのコンサルティング業務

この分野に関わる
先輩社員を知る

建築・建築設備

建築・建築設備

  • 技術職
  • 建築
  • 建築設備

日水コンは、ランドスケープとアーキテクチュアを融合して、未来に向けた「新風景」の創造を目指します。そのために地域の風土・景観をふまえ、新技術を活用し、地域と協働しながら新たな社会インフラとなる水環境施設の建築設計を行います、例えば浄水場、下水処理場などの水インフラ施設は、広大な空間や資源を有していますが、節水型社会や人口減少社会の進展等により、施設の統廃合や遊休空間の出現などが見られる状況です。一方、これからのまちづくりでは、スマートシティ化や防災・減災対応など新たな課題が挙げられています。日水コンはまちづくりニーズと水インフラニーズをマッチングすることで、水インフラ施設を活かした新たなまちづくり事業を提案しています。

仕事内容

建築
「上下水道施設、河川・環境施設」に係わる建築施設の計画、基本・詳細設計、工事監理などのコンサルティング業務
建築設備
「上下水道施設、河川・環境施設」に係わる建築機械・電気設備の計画、基本・詳細設計、工事監理などのコンサルティング業務

この分野に関わる
先輩社員を知る

海外

海外

  • 技術職
  • 土木
  • 事務
    総合職
  • 管理系
    事務
  • 営業

人々の生命・生活・経済を支え続ける豊かな水資源。その恩恵を受けられず劣悪な水環境に苦しむ人々が世界中には今なお多く存在します。安全・安定した給水、適切な汚水処理等、水環境の改善は人々の衛生・生活面の向上のみならず、就労・就学率向上はじめ社会全体の利益向上まで波及します。
私たちは創業当初より培ってきた確かな技術力と世界各国でのプロジェクト実績に裏付けられたノウハウを活かし、日々深刻化・多様化する世界の水環境問題の解決に貢献し、国際社会の一員としての使命を果たすべく世界の人々と歩み続けます。

仕事内容

上下水道、水質改善に係る調査から計画、設計、施工監理までの一貫コンサルテイング業務、相手国政府への組織・財務・技術指導など「水インフラの総合改善支援業務」

この分野に関わる
先輩社員を知る

管理・営業

管理・営業

  • 事務
    総合職
  • 管理系
    事務
  • 営業

顧客に納入する成果物を作成するのは技術職の業務になりますが、顧客と技術職を取り持つ営業職、会社全体の運営を行う管理部門の役割も、会社運営において極めて重要です。管理部門では経営方針を策定する企画、優秀な人材の採用・教育研修、経営管理数値の算出・マネジメント、社内情報インフラの企画整備、全社に関わる法務対応などを担っています。営業部門では、新規顧客の開拓、既存顧客への案件形成活動、顧客と技術との橋渡しなど、顧客に関するあらゆる対応を行っています。

仕事内容

管理
経営企画、人事、経理、法務、広報、情報インフラなど、経営に関わる業務全般
営業
官公庁、全国地方自治体を中心とした提案営業活動、案件管理など、営業業務全般